てんかんは薬を使って上手に付き合う

現在のてんかんの治療法は、抗てんかん薬などの薬物を用いた治療が主体となっています。患者さんは、薬物治療のため長い年月が必要とされるのが、現状となっています。てんかんという病気で一番心配なことが、発作の症状が出ることになります。このことは、患者さんのみならず家族や知人など、周囲の人たちの心配事でもあります。
そこで最も大切なことが、薬と上手に付き合っていくことになります。医師の診断を受けて処方された抗てんかん薬を、適切な用法と用量を守って継続して服用することで、発作の回数を減らすことにつながります。自身に処方された薬の薬剤名や、用法と用量は知っておくことと、飲み忘れることがないようにすること、外出先で発作の症状がでたときの場合を想定して、お薬手帳を持参するなど、患者さん自身で薬の管理をすることが、とても大事なことといえるでしょう。薬を飲み忘れてしまったり、自身の勝手な判断で薬の調節をすることは、とても危険なことになるため注意する必要があります。薬の服用の仕方は、必ず主治医の指示に従って行わなければならないので、相談するようにしましょう。
てんかんの発作の症状は、患者さんによって違いがみられることから、家族や周囲の人にも説明して理解を得られることが望まれています。てんかんの治療は、長くかかるものですから、処方された薬を定期的に正しく服用して、主治医と一緒に適切な治療を受けましょう。家族や親しい友達などに、理解と協力をお願いすることで、患者さん自身の気持ちが楽になることもあります。てんかんという病気を正しく理解してもらい、発作の症状の対処法も知って、薬とうまく長く付き合っていきましょう。

てんかん患者の仕事について

てんかん発作は突然全身がけいれんしてしまうような症状があらわれます。その特徴としては一度だけでなく繰り返しおこってしまうため、薬などで治療を行う必要があります。
てんかん発作の原因はいろいろ考えられていますが。その一つは脳になんらかの障害が発生した場合で、例えば脳炎や脳梗塞や脳に外部からの衝撃を受けたようなことが原因となります。
これは子供のころに発症することがあり一般的には18歳以下がほとんどといわれています。このような場合は年齢とともに徐々にけいれんの発生頻度が少なくなってくる傾向があります。
中には大人になってから発症するようなこともあります。これらはなにかに感染したとか前兆があるわけではなく突然発症するため本人はその状況をなかなか理解することができません。けいれんがひどく長続きする場合は脳にもよくありません。記憶にも影響が起こることがあります。まずこのような症状がある場合は脳神経外科などの病院へいくことです。
てんかんが長続きすると大人になってから仕事にも影響があります。仕事についてはまず医師ともよく相談をすることです。そのうえで自分自身もてんかんの症状や状況を理解して治療を続けながら、仕事が行えるようにすることです。
医師と薬の量などを相談して発作が起こらないように自分でも管理をするということはもちろん、会社側にも理解を求めることも必要になります。
万一発作がおきても影響を最小限におさえられるようにするということが必要です。会社から給料をもらう以上はその求められる役割の期待にも応えていかなければなりません。
てんかんであっても働くことはできます。あきらめず病気と向き合い労働時間、通勤、労働環境とどこまでならできるかよく検討する必要があります。

てんかんは遺伝するのか?

てんかんは突如として発作を起こす病気で、クルマの運転中に症状が出ると事故を起こす事から危険な病気と認識されています。実際にこれが原因の大きな事故も起こっており他の方も巻き込んでいます。
しかしこの病気は遺伝するのでしょうか。実は遺伝する可能性が非常に低い病気なのです。
ですので親がてんかんでも子供がなるとは限りません。
てんかんになる原因として出産した時の低体重が原因出合ったり頭部への外傷が原因であったりしますが頭部への外傷があっても誰もが転換になるわけではありません。
しかし外傷があったときのてんかんのなりやすさには個人差があり、これが微妙に遺伝が関係することもあります。
だからと言ってこれが遺伝病とは言い切れません。
もしもこの程度のことを遺伝病と言えばこの世の中のすべての病気は遺伝病ということになります。
ですのでてんかん持ちの方と結婚するのに不安を持つ必要はありません。
あとほんの一部ですが遺伝性のてんかんもあります。
しかしこれは遺伝が原因でないものと比べて完治する割合が高いのです。
もしも万が一発症してしまったとしても規則正しい生活をしていて投薬もしていれば発作が起こることはほぼありませんし普通の生活もできます。
あと親がてんかん持ちですと逆に子供がてんかんにならないか注意できるため早期発見できるというメリットがあります。
この症状についてよく知っている親だからこそ子供がもしもなってしまったときにも冷静に対処できます。
自分が癲癇にかかっているからと言って結婚してはいけないと思い込む必要はありません。
婚活をする場合は自分の持病についてきちんと説明をしておき、それを理解してくれる人を選べばいいのです。
■予防薬を安価に購入
テグレトールでてんかん発作を予防
ラミクタールの在庫を確認

トップページへ