てんかんと精神病の関係について

てんかんという病気は突然発作が起こる脳の病気であり、年齢や性別などに関係なく発症することがあります。なぜ突然発作が起こるのかというと、脳の神経細胞であるニューロンが突然電気的な興奮が起こることによって発作が起こるということがわかっています。てんかん発作が起こった時は、場合によっては手足が一定のリズムでガクガクになったり、手足が突っ張って体が硬くなったり、意識消失、感情変化など様々な状態になる可能性があります。これらの症状は、人によって異なり、発作のパターンは同じパターンを繰り返すことが多いです。発作が起こっている時の脳の状態を調べると、脳の中で電流が乱れているのがわかります。また、このてんかんは精神病とも関係性があるということも言えます。なぜならば、てんかんの症状は精神病の症状と同じ症状が起こることがあるからです。てんかんによって起こる精神症状としては、意識障害、感情障害、性格変化、行動異常、精神病様状態などがあります。意識障害については、意識が混濁状態になったり、意識がもうろうとしたりします。感情障害については、突然怒りやすくなったり、不機嫌になったりします。性格変化については、性格がしつこい性格に変化したりします。精神病様状態は、幻覚や幻聴などが起こることがあり、これは統合失調症の症状と似ているため、精神病とも関係性が深いということが言えるでしょう。このようにてんかんがある場合は、様々な症状が引き起こされることがあるため、社会的に障害になることが多いです。しかし、てんかん薬というものがありますから、きちんと薬を服薬していれば繰り返される発作を予防することができるようになり、普通に働くことも可能です。

トップページへ