発作脳障害のてんかんでも免許を取れる可能性がある

発作脳障害のてんかんでも免許を取れる可能性はあります。何故かというと、てんかんに関してはきちんとどのような症状の場合に免許をとれないのかが明記されているからです。その法律の規定に反しないのであれば、てんかんとは関係なく免許を取得することが出来ます。
基本的に、発作脳障害があったとしても免許を取得することが可能な条件はいくつかあります。
ますは、過去に発作脳障害による発作症状が5年間生じていないことです。当然ですが、運転をしている最中に発作が起こってしまうと本人の意思ではどうしようもなくなってしまうので事故をする確率が上昇してしまうことになります。そのため、過去5年間の間において発作の症状が出ておらず、かつそのことをきちんと医師が証明してくれる必要があります。医師の証明書にはこれからも発作が起こる確率がないということをきちんと明記してもらわなくてはいけません。
また、これとは別に軽度な条件で免許を取得できる場合があります。それは、運転に支障をきたす発作が過去2年間に起こっておらず、かつ医師がそれを認めて診断書を出してくれた場合です。この場合も、自動車を運転することが出来る可能性があるためまずは医師に相談しなくてはいけません。
さらに、発作脳障害の症状を持っていたとしてもその障害に程度があります。元々、てんかんは脳の中の電気信号が過剰に働く影響で発症する病気であるため、てんかんである限りは脳の病気と切り離すことは出来ません。しかし、中には程度が低いてんかん持ちの方も存在するので、そのような人は運転をする時に何らかの問題を起こす確率が低いと言えます。
このように、てんかんの症状を持っている人でも条件があえば免許を取得することが可能です。

トップページへ