犬の「てんかん発作」について

「てんかん」とは「てんかん発作」を繰り返し起こす脳の病気です。引き起こす原因が不明の「特発性」と、脳の障害が原因で起こる「症候性」に分けられています。犬の脳はニューロンという神経細胞によって形成されています。このニューロンに何らかの変異が起こることによって発症することが分かっています。交通事故などの外傷や脳腫瘍、脳炎、水頭症などのように原因が明らかな場合に「症候性てんかん」と呼ばれ、いくら検査しても脳に異常が認められない場合を「特発性てんかん」と呼びます。犬の場合ほとんどが「特発性てんかん」です。ダックス、ビーグル、プードル、シェルティー、シェパード、ハスキー、テリア系、レトリバー系の犬種に発症しやすいことから、遺伝的な要素があると考えられています。発作は数日から数分まえに前兆が現れます。よだれを流したり、落ち着きがなくなったりといったわずかな違いの後、麻痺発作が起こります。麻痺の「全般発作」は全身がこわばって震え、意識を無くしたり失禁したりします。「部分発作」では手足や顔の一部だけが震えます。時には奇妙な行動をとったり、攻撃的になったりといったこともあります。ほとんどの場合は数秒から数分で終わります。しかし、重責発作といって治まる前に再び痙攣発作を繰り返す場合は命に関わるため獣医師の処置が必要です。治療は「症候性てんかん」の場合は原因となる病気の治療が行われます。「特発性てんかん」の場合は抗てんかん薬が用いられます。治療を行う時には、発作を起こした状況や病歴をできる限りくわしく獣医師に伝えてください。現在予防方法はまだ見つけられてません。定期的に健康診断を受診して、原因となる病気の予防と早期発見を怠らないようにしてください。

トップページへ