Skip to content

表参道エリアにも整形外科はたくさんあります

表参道は地下鉄表参道駅を中心としたエリアで、元々は正面側の参道として明治神宮の創建前年に整備されました。近年では表参道ヒルズや高級ブランド店が立ち並ぶ高級ショッピング街となっています。このエリアにもアットホーム表参道クリニック、足のクリニック表参道を初め整形外科のクリニックはたくさんあり、けがや病気をしたときには探すのに苦労しないでしょう。整形外科とは人体の運動器官の病気やけがを取り扱う診療科目の一つです。

骨、関節、筋肉、靭帯、腱、脊髄、神経などの病気やけがを治療するとともに運動機能の回復を目的とします。慢性的な足腰の痛み、いつものことだからと我慢している人も多いでしょう。また高齢化社会となった現代、加齢によるトラブルも多いようですが「年のせい」とあきらめないで整形外科を受診してみると何らかの治療法があるかもしれません。今では関節の痛みに対して、年をとったから仕方ないと諦めるのではなく痛くて歩けなくなってからではなく、状態が最悪のところまで行く前に悪くなった関節を人工関節に取り換える治療も希望者が増えています。

気力と体力があるうちに歩ける足にしておくという治療です。明らかに将来的に歩くことが困難になるであろう症状の人は早期に手術をうけ、生涯自分の足で歩くことに重点をおいた治療なのです。整形外科の分野では明らかに治療の必要な骨折や靭帯の損傷などのけがは受診するのですが、慢性的な痛みは我慢しがちです。自分のQOLを考えるとき、どのような治療が必要なのかを専門医と相談しておくことは特に高齢者には必要なことでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です