Skip to content

美容整形外科の永久脱毛などのレーザー治療の特徴

美容整形外科で行うことができる永久脱毛は医療レーザーで行われます。毛には周期があって、一度脱毛したからと言ってすべての毛がなくなるわけではなく、3か月程度経過したらまたレーザー脱毛を行う必要があります。これを繰り返すことによって永久脱毛となり、スベスベの肌を手に入れることができます。わきの下などは毎日剃るので手間がかかりますし永久脱毛してしまうのも良いでしょう。

VIOラインの脱毛はハイニジーナ脱毛とも呼ばれ、衛生面でも効果が期待できます。生理時の不快感を軽減したり夏場露出度の高い服を着やすくなるなどといったメリットがあります。しかしこの部位はレーザー脱毛の中でも痛いとされています。エステサロンで行うことができる光脱毛は出力が弱く痛みも少ないのですが、クリニックよりも長く通う必要があります。

また、ホルモンバランスの変化などにより永久脱毛を行ってもまた毛が生えてくる可能性もあります。美容整形では脱毛の他にもヒアルロン酸注入などが人気の施術になっています。これは胸に注入することで乳房の形を整えたり、わずかにバストアップすることができるため、大胆な豊胸施術に抵抗がある多くの日本人女性にも人気があります。他にもタトゥーの除去も美容整形で行うことができ、永久脱毛に使われるレーザーを使った方法がタトゥーにも効果があるため広く使用されています。

この方法はタトゥー除去の施術のなかでも跡が目立ちにくいですが、何度かレーザーを当てる必要があり、除去するのに時間がかかります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です