Skip to content

小顔エクササイズの前に咀嚼筋をゆるめる

リフトアップや小顔などに効果があるとされるフェイササイズは表情筋を鍛えるエクササイズとしてとても人気があります。フェイササイズの専門家にきちんと習って小顔を目指す分には問題はないのですが、自己流にやってしまっている人は注意が必要です。女性は美容に関心がある人が多いので、自分でマッサージをしたり、表情筋をきたえるエクササイズを日課としている人もいます。それでも悩みは尽きないので、鍛えているのに頬のたるみが取れない、なかなか小顔にならないという人もいるものです。

そのようなケースの場合、深部の筋肉が異常に硬くなっていることが多くなっています。自分で判断するなら口の開き方が小さくなっている人は要注意です。せっかく小顔を目指してエクササイズをしているのに、間違った方法で行っていると、筋肉が正しく使われていないので、筋肉疲労をおこし、深部のコリとなって、筋肉を正しく使えない状態になってしまいます。そのため、まずは咀嚼筋のコリを丁寧にゆるめてから、エクササイズをおこなうことで、効果が出やすくなるのです。

表情筋の下には4種類の咀嚼筋があり、スムーズな筋肉運動ができていないと、変なところにシワがよってしまいます。たるみやしわはエイジングだけが原因ではなく、咀嚼筋のアンバランスによっても引き起こされるものなのです。小顔エクササイズを始める前に口を大きく開けてみて指が縦に3本余裕で入るかどうかをチェックし、それがきつい場合には咀嚼筋マッサージを先に行うことで、効果をたかめることが可能になります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です