Skip to content

シワ治療とケミカルピーリング

医療クリニック等のでシワ治療をする時、ケミカルピーリングはマイルドな治療の一つです。酸の濃度が高いと、肌への負担は高くはなりますが、患者さんの肌状態を確認した医師により、的確な薬剤と使用料などを決めていくきます。深いシワではなく、比較的浅い皮膚表面の古い角質を、酸の力を使ってはがしていき、新しい若い細胞を形成するというのが仕組みです。シワだけではなく、ニキビ改善のためにも使われますし、毛穴ケアにも最適な方法です。

医療機関で用意している酸には、いくつかの種類があります。最近のピーリングでの主流は弱いフルーツ酸で、角質層の薄い部分に働きかけることのできる薬剤を使用していることが多いです。皮膚へ酸を塗布していき、肌の表面にある角質細胞感の結合しているのを弱めていきます。皮膚の角質層には傷が付くことはなく、不要な部分だけが薄く剥がれていきます。

毛穴の詰まりや、古くなった角質除去にも有効ですし、薄いシワであれば改善は期待ができます。医療クリニックの治療というと、もっと怖いイメージを持つかもしれませんが、肌の衰えを感じ始めたら、早い段階で相談をしたほうが得策です。肌ダメージはケアしないと、どんどん進行します。ですが軽度のレベルであれば、小じわもケミカルピーリングのような、簡単なケアで対処していくことができます。

早い段階で手を打てば、深いシワになるのを防ぐことにもつながります。ケミカルピーリングは、肌老化のケアとしても良い方法です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です