Skip to content

シワ治療と種類について

肌に気になるシワがあらわれたら、適した治療で対処していくことです。大きく4つの種類があり、自分はどのタイプかも知ることから始めましょう。表皮性シワは、皮膚の保水力が低下しています。肌に水分が足りなくなれば、表皮には浅くて比較的細かい状態でみられるようになります。

空気か乾くと肌も乾きやすいですが、乾いたままにすると肌表面はどんどん委縮していくので、皮膚のキメがあらくなります。そして肌には、ちりめんみたいに細かい模様のようにあらわれてきます。表皮性ジワは感想を放置すると、さらに症状は進行します。そしてV字型に陥没してしまい、目立つ状態となります。

皮膚の細胞をつくる真皮層は、年齢を重ねたり、太陽の紫外線に刺激を受けて衰えていきます。そうすると健康だった皮膚の細胞構造は崩れて、肌には嬉しくない症状があらわれます。年齢を重ねていくと誰もが直面するのがたるみであり、たるみジワも悩みの一つです。皮膚のたるみによってできるもので、筋肉が老化したり、紫外線の悪影響や年齢により、肌が衰えてしまって皮膚は弱ってきてたるみます。

自らの重みを皮膚が支えられなくなり、垂れ下がってしまい、それがたるみジワになります。そして表情ジワというのもあって、これは若い人でも気をつけたい症状です。顔面に存在する筋肉の収縮で引き起こる症状であるためです。筋収縮が戻れることで、本来ならば消えるものです。

しかしいつものくせとか、肌の老化が重なってしまうと、肌は下に戻れなくなります。やがて肌には深い真皮性のシワとなって残ります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です