Skip to content

しっかり治療したい、シワ対策

若い頃は肌にハリがあり、笑った時にできる笑いジワも、真顔になるとすぐに改善します。しかし、年齢を重ねると真顔の時もほうれい線がくっきり残ったり、目尻やおでこなど、顔の色々なところにシワが残ってしまうのです。なぜできるのかと言うと、年齢を重ねることで肌の奥にあるコラーゲン、セラミド、エラスチンなどの肌のハリを保つ成分が減少することで、肌内部の支えが減ってしまうことが大きな原因の一つです。そのためサプリメントや食品で美容成分を補うことも大切です。

また小ジワのうちにケアをすることで、深くくっきりとしたシワになるのを防ぐことができます。たるみをケアするため表情筋を動かしたり、肌のマッサージをするのも良い方法です。また、頬杖をついたり常に同じ方向を向いて寝るなどのクセを改善するのも良い方法です。深いシワになってしまっても、しっかりとケアをすることで少しずつでも改善できる可能性もあるので、毎日スキンケアを行うことが大切です。

皮膚科での治療をする場合はプラセンタを注射したり、外科治療を行うことも可能です。即効性がありますが費用が多くかかるため、毎日のセルフケアをしっかりと行うことが大切なのです。年齢を重ねても若く見える人と、同じ年でも老けて見える人がいますが、その差は毎日のスキンケアや生活習慣の差です。特別なケアをすることも悪いことではありませんが、シワを改善したり予防するためには毎日のケアの積み重ねを早めにスタートすることです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です