Skip to content

お手軽たるみ治療には、ヒアルロン酸の注入

簡単に二重にすることができるブチ整形などに人気がありますが、皮膚のたるみ治療の中にもお手軽に受けられるものがあります。それはヒアルロン酸を注入する方法であり、気になる所に小さい針でヒアルロン酸を入れることでたるみを目立たなくすることができます。他のたるみ治療はレーザーを使って皮膚を照射する方法や、メスで皮膚を切開して縫合する方法となります。レーザーで照射する方法は施術時に痛みを感じやすく皮膚の弱い方には向かず、皮膚を切開する方法は肌に傷跡が残るので体への負担が大きいです。

ヒアルロン酸の注入は小さな針を使うだけなので、体に負担がなく傷跡も残ることがありません。注入するヒアルロン酸も体に存在している栄養成分ですので、体内に入れても副作用が起こることがなく安全です。ヒアルロン酸は体内に注入すると、たるみやシワのできた皮膚の細胞に浸透して潤いを与えて皮膚を盛り上げる働きをし、肌を瑞々しく若返らせてたるみを改善してくれます。ヒアルロン酸の注入によるたるみ治療の欠点としては、ヒアルロン酸は元々が人体に存在する栄養成分なので2~3年もすると体内に吸収されてしまう点にあります。

しかし、注入するヒアルロン酸を密度の高い良質のタイプにすることで、体内に吸収される年数を伸ばすことができるので効果を持続させることも可能です。ヒアルロン酸の注入によるたるみ治療を効果的に行うコツとして、治療を受ける美容クリニックが良質のヒアルロン酸を使っているかをチェックしておきましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です