スポーツ用品を購入してみよう
2021年11月18日

ナイキのジュニア向けバッシュの特徴

バッシュというアイテムをご存知ですか。これはバスケットシューズの略称であり、競技用スニーカーとしてはもちろんのこと、ファッションアイテムとして着用なさる方も大勢います。バスケットボールは本場アメリカだけでなく世界各国で人気があり、日本も例外ではありません。2021年にはオリンピックの正式種目にもなったため、幼いお子様の間でも広く普及をしました。

そこでここでは、ジュニア向けバッシュを販売しているナイキの製品について簡単に特徴を見ていきましょう。ナイキでは1998年からジュニア向けバッシュを製造・販売されています。「エアマックス」というブランド名を冠しており、これまで20品目が市場に流通しました。大人向けとは異なり、ナイキではジュニアの足を保護する機能に重点を置かれているのがポイントです。

2018年に登場したモデルを例にすると、かかと部分にシリコン製クッションを取り付けています。バスケットボールではジャンプをしてシュートを決める動作が多くなり、全体重がかかとに集中をします。ジュニアであれば捻挫をしやすくなるため、その負担を軽減させる機能をもたせたというわけです。さらに靴底に空間を作ったことで、ジャンプ力を高める効果もあります。

ナイキでは人間工学に基づいたデータを自社製品に投影をしており、ジュニア向けバッシュにも効果的な影響を反映していることがわかります。サイズは19cmから25cmまであり、バスケットボールをなさるお子様へのプレゼントに最適です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です