狭いスペースで駐車場建設するなら自立立体駐車場 - 自立立体駐車場の検討は慎重に
  • 狭いスペースで駐車場建設するなら自立立体駐車場

    狭小空間の中で駐車場を建設する時には、平面の駐車場では駐車台数が確保できずなかなか思うように収益を上げられませんので、狭い土地の中でたくさんの台数の車を駐められる駐車場を建設するなら、自立立体駐車場を選ぶようにしましょう。


    自立式ですので独立した建物となっており、建ぺい率に応じて台数の上下があるものの、平面よりもかなり多い台数を駐車させておくことが可能です。月極契約を可能にしてみたり時間貸しで利用者に提供することで、自立立体駐車場を建設するメリットを感じることが出来ます。

    様々な自立立体駐車場の分かりやすい情報はこちらのサイトです。

    建築の際には一定の基準を満たすことで工期を短くすることができますから、耐震基準や構造計算などをなるべく専門の建設業者に任せて、コストを削減して短期間の間で終わらせるようにしましょう。



    駐車台数が多ければ多いほど、利用者の数も増えていくので、人気の駐車場でひっきりなしに契約者が出てくることも少なくありません。

    自立立体駐車場の建設の際には総コストを考えてからゼネコンや建設業者の選定にとりかかることが大事です。発注した会社によってかなり工事の費用が変わってくるので、見積もりをまず依頼して、これから建てようとしている土地にどれくらいの大きさの建物が建てられるのかを確認してから発注をしましょう。

    自立立体駐車場は専門メーカーも多いので、実績で選ぶなら工事件数がかなり多いメーカーに頼み、駐車場専門の建物を建設するのが適切な方法です。